私利私欲を追求する資本主義の豚

合法的に儲かればなんでもいいと思ってる欲豚サラリーマンです.家畜と社畜の二足のわらじ履いてます

話題のソーシャルレンディングをやってみる

こんにちは.豚満です.

 いやー,相変わらず銀行預金の金利は低すぎですね.気をつけないとATM出金手数料で金利なんかあっというまに吹き飛んでしまうレベルです.かといって,株をやるにはリスキーだし,年利数%レベルで安定運用したいという人たちにとっては,なかなかいい投資対象が無くて困っている人も多いと思います.

私もその一人なのですが,配当狙いの株式投資も難しいものがあり,リスクはそれなりに高くなってしまいます.もう少しミドルリスクミドルリターンの商品って無いのでしょうか.

というわけでいろいろ調べていましたが,最近話題のソーシャルレンディングに手を出してみることにしました.この商品,年利が2〜10%程度が見込める触れ込みですが「うまい話には必ず裏がある」はずでして,確かに元本保証ではありませんし,リスクもあります.しかし,資産の分散対象としてポートフォリオの一角に入れてもいいのではないかと最近は思えてきたので紹介します.

そもそもソーシャールレンディングとは何か?

 一言でいうと間接的な金貸しです.

そのように聞くと,まず銀行が思い浮かびますね.私たちは銀行に預金とうい形でお金を預けますが,銀行はその資金を元手に企業などの借手へお金を貸し出して,借手から金利を受け取ります.そうして銀行が儲けたお金の一部を私たちは金利として受け取っており,これは間接的な金貸しと捉えることができます.

お金の流れとしては, ソーシャルレンディングも似たような仕組みですが,適用される法律が銀行とはまったく異なります.銀行預金は1000万円まで利子を含めて保護の対象ですが,ソーシャルレンディングにそのような補償はありません.

 

f:id:capitalist-pig:20161106220550p:plain

ソーシャルレンディングではネット上で「お金を出資したい人」と「お金を借りたい人」と結びつけるマッチングビジネスでもあります.日本では個人が直接融資を行うことができないため,貸金業と第2種金融商品取引業の登録を受けた事業者が間に入ります.

 

投資家のメリットとデメリット

メリット

金利が2〜10%と非常に高い

株式投資のような値動きがないので,買ったらほったらかしでよい

・1万円からの投資で小口の分散投資が可能になる

・投資期間は数ヶ月から1年と短期で資金の回収ができる

 

デメリット

・元本保証では無い

・融資先に関する情報を得ることができない

・目標利回りが達成できないこともある

・中途解約や現金化ができない

 

まずもって、なぜ10%もの利回りが達成できるのか気になりますよね?日本のソーシャルレンディングの場合,借手のほとんどが不動産業,その他が中小企業や太陽光ファンドへというのが現状です.銀行と条件が折り合わずお金を貸してもらえなかったり,スピード勝負で物件を回したい不動産業者は銀行を使わずにノンバンクを利用することもあり、その際の金利は割高になります。

 

ソーシャルレンディングもノンバンクと同じような位置づけにあります.今までの実績で貸し倒れが発生したことは無いようですが,この先不動産市場がピークアウトして不況に突入した場合はそのような案件も出てくることがあり得ます.

 

ファンドは一度申し込んでしまえば,投資家はほとんどすることがありません.毎月分配型は口座に金利がちゃりんちゃりんと振り込まれるのを確認すればよく,運用期間が終了すれば預けた資金が返済されます.金利が返済時に一括して分配されるタイプもあります.株のような毎日の値動きがないので,市場環境の悪化による暴落に付き合わされる心配もありません.ただし, ヤバそうだから早めに損切りしてずらかるようなことはできなくなります。

 

投資家としては借手がどのような素性を持っているかリスクを見積もる上でかなり気になる話だと思います.ところが,これは法律の関係上開示することができません.古い貸金業法に現在のソーシャルレンディングの仕組みが乗っかっているため,このようなことになっているようですが,現状としては事業者を信じるしかありません.この点は私も改善を望むところです.

 

さて,私は事業者の比較選定まで終了し,口座開設まで行ってます.進展があったところでまた話をしたいと思います.