私利私欲を追求する資本主義の豚

合法的に儲かればなんでもいいと思ってる欲豚サラリーマンです.家畜と社畜の二足のわらじ履いてます

Lucky Bankで口座開設完了

こんにちは。豚まんです

今回はソーシャルレンディング事業者のひとつ、Lucky Bankで投資を行いましたので報告します

 

f:id:capitalist-pig:20161204093705j:plain

 

ラッキーバンクの特徴

ラッキーバンクは不動産特化型のソーシャルレンディングです。日本のソーシャルレンディングはもともと不動産案件が多数を占めているのですが、ラッキーバンクは割り切りが良いというか、そこに特化しています。これは逆に言うと、不動産市況が悪化したときはもろに影響を食らうということであり、その点は認識しておくべきでしょう。

他のソーシャルレンディングと比較して、6〜10%と利回りが非常に高いことも特徴の一つです。また、全案件について不動産担保がついているため万一返済が滞った場合の資金回収もある程度可能なものと考えられます。

高利回りと担保付きという条件から非常に人気が高く、案件の募集が始まると、数分で募集を締め切ってしまうほどの状態になっています。私は12/3に申込行いましたが、昼の11:00にPCの前でスタンバイして申し込みました。この案件は4分半ほどで完売したようです。

f:id:capitalist-pig:20161204094958p:plain

今回は第166号ローンファンド(Lucky Bank 65億円突破記念)に申し込みました。

f:id:capitalist-pig:20161204095304p:plain

税引き前利益9.30%

調達資金2605万円

運用期間15ヶ月

投資可能金額 6万円

 

20万円投資したので税引き後、18,974円の利益を見込んでいます。

f:id:capitalist-pig:20161204095420p:plain

 

口座開設方法

・公式サイトの口座開設からPDFを読んで同意

・適合性確認(投資暦とか、年収を入力)

・個人情報の入力

・勤務先情報の入力

・銀行口座情報を登録

・登録したメールとパスワードでログイン

・本人確認書類、通帳画像を送付

・2、3日待つ

・郵送された投資家承認キーを入力して口座開設完了

以前はハピタスから申し込めば、キャンペーンで3000pほどもらえたのですが、今は終了しているようです。

必要な手数料

口座への入金は三井住友銀行への振込で、手数料は投資家持ちです。一方、口座からの払い戻しは運営会社持ちになります。入金に関して言えば、新生銀行や住信SBIネット銀行など振込手数料無料の銀行が複数あるので、費用は削れるでしょう。

口座維持、その他の手数料は無料です

 

 

数あるソーシャルレンディングの中でも高利回りと全県担保付きという安全性から、最も狙い目のひとつではないでしょうか。