私利私欲を追求する資本主義の豚

合法的に儲かればなんでもいいと思ってる欲豚サラリーマンです.家畜と社畜の二足のわらじ履いてます

2016年の日本株を振り返る

f:id:capitalist-pig:20161225193744p:plain

 

こんばんは。今年もあと1週間を残すのみですが、今年の株式市場の総括を行ってみます。

年初の中国バブル崩壊に始まり、6月の英国EU離脱、11月のトランプ当選とまさかまさかの連続でしたね。株式市場は予想外の出来事に乱高下を繰り返し、終わってみれば年初来プラス。散々に振り回されたというのが正直なところではないでしょうか。

私は2014年に株の利益を全額確定したあとマンションの購入だなんだかんだで忙しかったのですが、今年に入ってようやく再開することができました。したがって、銘柄は徐々に買っていけばよいというスタンスだったので、このような急落が何度かある相場は逆にやりやすいことであり、非常にラッキーだったなと感じます。

ブロガーの中には、株価が下がった時点で買いに向かえなかった自分が情けないと悔やんでいる方もちらほらいましたが、なかなか難しいですよね。株価上昇は長期に渡って続いており、そろそろダウンターンに突入しても何ら不思議ではありません。そのような状況で暴落が来ればいったん逃げることも妥当な判断だったと思います。

2006年の1月にライブドアショックが起こったときは小型株が崩壊し、私は喜んで買いに向かったのですが、その後に続くサブプライム問題、リーマンショックで見事に爆死しましたよ。マーケットの潮目を読んでうまく立ち回ろうとするのはとんでもない至難の技です。

結局できることは、常にある程度のキャッシュポジションを確保しておくぐらいしかやりようがない気がします。日経ダブルインバースをポートフォリオに加える手もあるかと思いますが、小型株が取り残されて日経が上昇する今の相場では股裂き状態であり、自分だったら逆に精神的に辛くなるだけなので採用していません。

 

来年の相場はどうなるか、理屈で考えても多分わからないのでwww私は野生の感でキャッシュを増やす予定です。まあぼちぼちやっていきたいと思います。