私利私欲を追求する資本主義の豚

合法的に儲かればなんでもいいと思ってる欲豚サラリーマンです.家畜と社畜の二足のわらじ履いてます

少しずつ投資を始めるのはいいが、上手くいったら大金を投じるというのは違うと思う

f:id:capitalist-pig:20170116173349j:plain

こんにちは、豚まんです

投資を始めるにあたって、いきなり全財産を突っ込むのではなく、余裕資金の一部を少しずつやってみる。この話には納得がいきます。株でもソーシャルレンディングでもいいのですが、自分がよく理解していないものに対してお金を投じることは大きなリスクとなります。退職金で得た大金をいきなり株式投資に投入して失敗、文無しとなっては老後崩壊まっしぐらですわ。

ところが、少しやってみて上手くいったから徐々に大金を投じていく、この考え方は違うんじゃないかな。私はソーシャルレンディングにいくらか資金を投じていますが、現段階で、未だかなりの疑念を抱いています。1年後に今関わっているすべての案件で無事償還がされても、最初に決めた額から増やすことは多分ないですね。どちらかというと金融危機の発生によっていくつかの案件でデフォルトが生じ、損をするところまで経験しないと本丸のお金は動かせません。

株に関してはリーマンショックを経験しているため、自分のポートフォリオがどのくらいまで目減りするかある程度の目処が付いています。ドローダウンとしてどの程度まであり得るかという目安がないとリスクをどこまで取るかなかなか見えてきません。

これがソーシャルレンディングになると、今までデフォルトや元本割れに至った案件がゼロとなります。だから安全なんだとは流石に思えず、むしろ不安なんだけど。。。このポートフォリオでどこまで資産が目減りする可能性があるのか、まったく先が見えません。結局のところ不景気を含んだ長期間でのトータルリターンが把握できないとポジションをとるにもとりようがないという状況です。

そこまで言うのなら、次の金融危機が起こるまでウォッチしておけばいいんじゃないの?と指摘を受けるかもしれませんね。その通りだと思いますwww。ただ自分としては、致命傷とならない程度の擦り傷は投資家としてどんどん負うべきだと思ってまして、資産が目減りするときの胃の痛さを味合わないと経験値が増えないんじゃないかなと。過去のリーマンショックのチャートを見て分析するのと実際に経験するのとではちょっと違うよね。

まあ、結論としては、まず少ない資金でやってみて、損してみる。で、どうすれば極力損失を回避できるのか、勝てるパターンはあるのか、自分なりに把握することができて初めて資金を増やした方がいいんじゃない?という話でした。

今日はこの辺で。バイバイ。