私利私欲を追求する資本主義の豚

合法的に儲かればなんでもいいと思ってる欲豚サラリーマンです.家畜と社畜の二足のわらじ履いてます

日本の株主優待制度に反対する

f:id:capitalist-pig:20170214215452j:plain
フリー写真素材ぱくたそ

私は基本的に、株主優待制度に反対です。企業にしてみれば、個人の投資家を増やしたいとか、自社商品のプロモーション、株価の下支えといった利点があるようですが、その手段を優待に求めるのは邪道であります。

外国人投資家にとって不平等

山崎元さんなどがすでに言及していますが、ファンドが優待を受け取ったら、わざわざ金券ショップへ換金しにいくそうです。これは余計な手間だし、海外に籍のあるファンドに至っては完全に無用の長物です。日本の投資家が米国株を買ったとして、アメリカでしか使えない優待券をもらったら限りなく微妙な気持ちになりますよね?投資家の間で待遇に不平等が生じる施策はとるべきではありません。


株価の形成がいびつになる

マクドナルドで鶏肉の期限切れ問題が生じた時、株価はあまり反応しませんでした。優待目当ての個人投資家が買い支えた形ですが、このような本業とは別の要因で株価が動かない状況では資本市場が正常に機能しておらず、悪影響の方が大きいと私は考えます。今でこそマクドナルドは業績も復調ですが、もし優待を続けられないほどの状況に追い込まれれば、株主は悲惨な目にあっていたかもしれません。


証券会社もクロス取引を推奨する有り様

このようにお得な制度があると、株の下落リスクを取らずに何とか優待だけせしめようと考える人が出てくるのは自然なことです。現に優待クロスなる取引方法が存在します。これは権利確定日に買いと売りを同時に仕掛けることによって株式の下落リスクをなくし、取引手数料のみで優待をもらってしまおうというものです。このやり方は不正でもなんでもなく、証券会社が率先してサイト内で取引方法をレクチャーしている有り様です。

企業も流石に手をこまねいているわけではありません。1年以上の長期保有者に対してのみ優待を出すなどの対策を講じるところもあります。しかし、ここにも抜け道がありまして、端株を長期保有するという技があります。これは数百円~数千円の1株だけを長期保有し、権利確定日にのみクロス取引をするもの。こんないたちごっこを繰り返すなら、企業はいっそのこと優待など止めてしまえばスッキリするというものです。

企業が本当に株価を上げたいと思うのなら、本業に集中し、利益と配当によって株主に報いるのが王道です。優待のような邪道に走るのであれば、初めから上場なんかするなと言いたくなります。



終わりに

さて今月は、すかいらーくが優待を拡充しました。食事券が従来の何と3倍で、優待+配当の利回り6.3%です( ゚Д゚)ウマー。早速1580円でお買い上げしました。

あと吉野家とビックカメラは2月に権利確定日があるので、優待クロスを仕掛けています(^_^)v。ビックカメラは長期保有者に対して優遇措置があるので当然端株持ってますd=(^o^)=b。



え?言ってることと、やってることとが違うって?

ええ、確かに私は日本の企業は優待制度を止めるべきだと思ってますよ。でも現実に優待出してるなら、最大限利用するに決まってるじゃないですか。



それはそれ、これはこれ


私を誰だと思ってるのですか?
私利私欲を追求する優待の豚やで!


あっ、石を投げないでくださいっ。石はやめてっ