私利私欲を追求する資本主義の豚

合法的に儲かればなんでもいいと思ってる欲豚サラリーマンです.家畜と社畜の二足のわらじ履いてます

億万投資家の銘柄をパクることについて思うことを並べてみた

f:id:capitalist-pig:20170409163137j:plain

 

どうも、豚まんです

株式投資において銘柄の選択とタイミングは初心者にとってなかなか難しいものではないでしょうか。ところが、インターネット時代においては、ポートフォリオや売買報告を親切にもしてくれる億万投資家が少なからず存在します。「この人の売買追っかければ自分も億万長者になれるんじゃね?」と安直に考える気持ちはよくわかりますが、損した時は自己責任となるのは当たり前ですね。

かくゆう私も銘柄の選択においては人様のポートフォリオを参考にすることがよくあります(オイ)。ただし、自分なりに決めているルールもあるので、その辺をまとめてみたいと思います。



広告
 



自分と同じ投資スタイルか?

自分の投資スタイルが固まっているか?という話が前提にあります。長期なのか、短気なのか。バリューなのか、成長なのか?損切りのルールはどうしているのか?などなど基準は様々ですが、とりあえず自分の運用スタイルが確立していることが前提だと思います。その上で、「あ、この人は自分と似たようなやり方でやってるなー」というのがブログやtwitterを通して読んでいるとわかる時があります。そのような人のポートフォリオは銘柄発掘の参考になります。自分とスタイルがまったく異なる人では、銘柄購入に対する納得性が得られず、短期で下落した時にすぐ投げ売りしてしまう事態にもなりかねません。

 

銘柄の購入理由や価格は自分で納得がいくか?

自分と同じスタイルの投資家だからと言って、ポートフォリオをそのまんまコピーすることはさすがにありません。購入理由や価格が自分の基準と照らし合わせて合致するときに初めて投資に踏み切ることになります。気の合う投資家でも、自分の能力の範囲外の銘柄に関してはスルーします。

 

売り条件は自分で考える

億万ブロガーは購入理由は結構語ってくれますが、売り時に関してはほとんど言及がありません。そこはやはり自分であらかじめ決めておく必要があります。従ってパクリ元の投資家が未だ売っていないのに自分だけ先に売却、あるいはその逆というパターンも大いにあり得ます。

 

最後はやっぱり自己責任

ブロガーは投資アドバイスで儲けているわけではありません(提灯つけた後に売り抜ける人がいるかどうかはわかりませんが、長期目線の投資家ならその可能性は低いかも)。損得に関しては最後まで自己責任であることを肝に命じてやりましょう。当たり前ですが。。。

 

 

f:id:capitalist-pig:20170409174519p:plain

 

ごもっともですな。

今日はこの辺で。